Menu

PEOPLE / COLUMNNBRCメンバーが選んだ、湘南国際マラソン2017をともに走るシューズたち

  • コラム
  • TEXT BY Kyoka Sasanuma  PHOTO BY Shuhei Nishida

ニューバランス原宿店にNBRCメンバーが集まった。目的は、『第12回湘南国際マラソン』のためのシューズ選び。それぞれ、自分のスタイルや目標タイムに合わせて、大会をともに走る一足を選んだ。

171122_01

今回人気だったのが、『FUEL CORE SONIC』シリーズ。ダイヤルを回すことで容易に着脱・調整ができるBoaクロージャーシステムが採用されている。フィット性が高く、走行時に足のブレを感じにくいのもポイントだ。

湘南国際マラソンに過去5回挑戦しており、サブ3常連の小林修人(ikism/カフェマネージャー)は、「まるで靴下みたい」と、そのフィット感に感激した模様。さらに、ミッドソールには軽量性と反発性に優れたREV LITEが採用されているため、今年もサブ3を狙う小林のスピードを支えてくれるはずだ。

171122_02

171122_04

今年は10kmレースに挑戦するnico(RUM RUN CLUB/『Sawagi』ドラマー)も、足が気持ちよく包まれる感覚がお気に入りのようす。これまで、どうしても靴紐の締め具合に差が出てしまったり、しっかりと結べているかレース前に気になってしまうことがあったが、「ダイヤルに任せればぴったりホールドしてくれるし、これで不安にならない」と喜んだ。

171122_05

171122_06

日常的に10〜20kmの距離を走り、月間走行距離が100kmほどだという森山佳和(RUM RUN CLUB/経営者)は、2016年に引き続き今年もフルマラソンに挑戦する。シューズはFRESH FOAM ZANTEv3シリーズのなかから、ブルックリンの街からインスパイアされたカラーを選んだ。アッパー部分が伸縮性に優れており、しっかりと足を包みこみながら指が締め付けられることもない。ソールの特徴的なハニカム構造によって、クッション性と安定性も両立。レースでの記録更新から日々のランまで、広くカバーしてくれる一足だ。

171122_07

171122_08

FRESH FOAM ZANTE M BR3 11,000円+(税)

171122_09

かかと部分のホールド、倒れこみを未然に防ぐ構造など着地時の安定感が高く、長距離を走るときの負担を軽減してくれる。まさに、フルマラソン初挑戦の二人におすすめのシューズだ。その安定性は、ウルトラマラソンやLSDなどの超長距離にもぴったり。これまで「長距離を走ると足裏の痛みを感じていた」という、山本の悩みを解決する一助にもなってくれるはずだ。

171122_11

W1040 B8 13,000円+(税)

171122_12

一人ひとりのスタイルに合わせて選ばれたシューズたち。レースを終えるまで、NBRCメンバーたちを支えてくれるはずだ。。

ニューバランス原宿店では、最新の『3Dスキャン』などを用いながら店舗スタッフがシューズ選びをサポートしてくれる。ぴったりの一足を見つけたいひとは、ぜひ一度店舗に訪れてみてほしい。

171122_13

171122_14

 

BACK TO INDEX