Menu

PEOPLE / INTERVIEW誰かのために走ることがいま、新しい価値を生む(前編)谷口真大

  • インタビュー
  • TEXT BY Sakura Sugawara  PHOTO BY Yusuke Kashiwazaki

幼少のころに失明。高校で陸上と出会い、伴走者とともに走り続けているブラインドランナー・谷口真大。JBMA(日本盲人マラソン協会)の強化指定選手として、2020年の東京パラリンピック出場を目指している。今年12月の湘南国際マラソン大会では、サブ3のペーサーにも内定。伴走紐を手に、パートナーとリズムを合わせながら、進む。いつも“誰かとともに”走る彼が、その足どりのなかでとらえた自分の進化とは。

――谷口さんが“走ること”に出会ったきっかけを教えてください。

170608_01

親元を離れて、筑波大学附属の盲学校に通いはじめた高校1年のとき。寮で同室だった先輩に連れられて、陸上部に行ってみたのがきっかけです。その方は、現在もNTT西日本の実業団で活躍されている堀越信司さん。2学年上の先輩だったので「ついてこい」と言われたら断ることもできず……(笑)、はじめは体育のジャージで走りに行きました。でも、本格的に練習するようになったら、どんどん記録が伸びていくのが楽しかったんですよね。当時は400mや1500mを走っていたんですが、一気に30秒もタイムが縮んだりしていたんです。

卒業後は、奈良の大学に進学。高校では先輩や先生に伴走してもらっていたけれど、大学でも陸上を続けるならば、初めての土地で新しい伴走者を探さないといけません。だから、ブラインドランナーと伴走者の練習会などに参加して、積極的に人とのつながりを作っていきました。さまざまな出会いのおかげで、人と走ることがこれまで以上に楽しいと思うようになり……さらに陸上が好きになっていったんです。

――1本の伴走紐を手にして、伴走者とともに走る、というのはどんな感覚なんでしょうか。

簡単に言えば、脚ではなく手でつながった“二人三脚”。でも、脚と違って少し動きがズレても転ばないし、お互いのリズムが合ってくれば、ほぼ違和感なく走れます。陸上部の練習では集団走が多かったから、人と息を合わせるのはある程度慣れていて……リズムが整うと、みんなの足音がぴたりとそろってくるんですよ。知らず知らずのうちに、お互いがお互いのリズムを意識して走っているんです。伴走も、基本は同じかもしれません。

――ブラインドランナーと伴走者は、サポートの役割を越えて、確かな心のつながりがあるように感じられます。

伴走者とは、二人だけど一人だと思っています。伴走紐でつながっていると、自分の気持ちも伝わっているのがわかる。いつも一緒に走っている松垣さんには、イライラしているときにリアルタイムで声かけしてもらったり……走りながら「あ、(気持ちが)ばれた」と思うこともしょっちゅうです(笑)。

普段の練習でも、自分の価値観が変わるきっかけをもらっています。ハードな練習で苦しいとき、「頑張れ」や「追い込め」という言葉は何百回も聞いてきたけれど、松垣さんは僕に「遊べ」と言うんです。失敗を恐れるメンタルや、体の遊びが足りないから、もっと遊んだほうがいい、と。最初は「何を言ってるんや」と思ったけれど「お前なに真剣に走ってんねん、真面目か!(笑)」なんて声をかけられるうちに、どんどん気持ちが楽になっていきました。一緒に練習を重ねていくなかで、技術だけでなく走ることに向き合うスタンスなど、自分のさまざまな部分が進化しているのを感じます。

170608_02

――どんどん進化する谷口さんの、いま“走る楽しみ”を教えてください。

先日のロンドンマラソンでは、勝負する楽しさを味わいました。国内ではブラインドランナーが少ないので、競ったり、駆け引きをすることはさほどありません。海外には実力が拮抗するランナーがたくさんいたから、戦略を考えるのが面白かったですね。やっぱり競う相手がいるからこそ、勝っても負けても“生きたレース”ができる。一人で自己ベストを狙うよりも、ずっと楽しく走れます。

記録が出る喜びももちろんだけれど、僕が走ることの根底には、やっぱり“誰か”の存在がある。何よりもまず、誰かと紐でつながって進む“楽しみ”が、ずっと走り続けている理由のひとつだと思います。

170608_03
谷口真大

幼少のころに失明。盲学校時代に陸上競技と出会い、本格的なトレーニングを開始。 大学進学後、初マラソンながら2時間50分台の好記録をマークし、現在は、JBMA(日本盲人マラソン協会)強化指定選手として、2020年東京パラリンピック出場を目指している。

BACK TO INDEX