Menu

PEOPLE / INTERVIEW湘南国際マラソン2016の振り返り-INTERVIEW / 牧野莉佳(女優)-牧野莉佳

  • インタビュー
  • TEXT BY Yuka Niimi  PHOTO BY Takashi Ueda

12月4日(日)に開催された『湘南国際マラソン2016』。『NBRC』から出場したメンバーの、レース前とレース後の率直な気持ちを訊いた。

makino01

自分らしく走りきる準備を

父と妹と『横浜マラソン』へ出場したことをきっかけに、走り始めた牧野莉佳。その後、しばらく間があいたものの、周囲のランニングをしている仲間の影響もあり、再び走り始めることに。2016年秋からは、『Sawagi』のnicoが主宰する『RUM RUN CLUB』に参加している。

『湘南国際マラソン2016』は、1年前にフルを走って以来ずっと長距離を走っていないので、今回は10kmにエントリー。大会に向けて少し前から、『RUM RUN CLUB』で練習を重ねた。

普段から意識していることは、無心で走ることだという。「完全に自己流ですが、『疲れてきたな』って考えると体がどんどんだるくなってきてしまうので、意識的に腕を振ってみたり足を前に進めてみたりすると、疲れに意識が向かずに無心で走れるんです。あとは、仕事のことや終わったあとに食べるものなど楽しいことを考えると、自然と体が軽くなるような気がする」

makino02

レースに向けて、体のメンテナンスもいつもより丁寧にしている。できるだけストレッチの時間を長く、走った日はゆっくりお風呂に浸かり、マッサージ。整体でも時々整える。また、レースでたくさんエネルギーを使うだろうと、食事も炭水化物を多めに摂っているという。

New Balanceで新しいウェアやシューズも一式揃えて、準備万端。「あとは、一緒に出場する『RUM RUN CLUB』のみんなで楽しく完走するだけです!」

makino03

レースを終えて

——レース当日の朝、どんな気持ちで目覚めましたか?

楽しみな気持ち。

——その気持ちを奮い立たせたり和らげたり盛り上げたりするために、取り組んだことや意識したことはありますか?

朝起きて一番にストレッチをしました。

——スタートラインについたとき、どんな気持ちでしたか?

目標にしていたタイムがあったので、「時間内で走り切れるかな」っていうドキドキと、みんなで走ることのワクワク。半々ぐらいの気持ちでした。

——走っている最中に印象に残っているシーンを聞かせてください

7km地点くらいで湘南の海がすごくきれいに見えて、その景色に励まされながら走りました。

makino04

——コミュニティや仲間など、知っている顔と出場したことで感じた気持ちを聞かせてください

10kmをゴールしてから一緒に走ったメンバーとフル組の帰りをゴール地点で待っていたのですが、フル組のみんなが走り切ったときの笑顔や涙を見て、私も同じように感動。次こそは、私もみんなと一緒にフルマラソンを走りたい! って強く思いました

——走っている最中に力をくれた存在は?

一緒に走っていたメンバーがいたので「私も頑張らなきゃ」と思えた。その存在が一番の力になりました。

——ゴールしたときの気持ちを聞かせてください

すごく楽しくて、「また走りたい」という気持ちでいっぱいでした。

——またレースに出てみたいと思われますか ?

また大会に出たいです! ホノルルマラソンやブルックリンハーフなどに、『RUM RUN CLUB』のみんなで出てみたいです。

牧野莉佳

女優。父と妹と一緒に大会に出場したことをきっかけに、走り始める。その後、しばらく間があいたものの、周囲のランニングをしている仲間の影響もあり、再び走り始めることに。2016年秋からは、『Sawagi』のnicoが主宰する『RUM RUN CLUB』に参加している。

BACK TO INDEX