Menu

PEOPLE / INTERVIEW湘南国際マラソン2016の振り返り-INTERVIEW / 前田恭介(『androp』ベーシスト)前田恭介

  • インタビュー
  • TEXT BY Yuka Niimi  PHOTO BY Takashi Imai

2016年12月4日(日)に開催された『湘南国際マラソン2016』。『NBRC』から出場したメンバーの、レース前とレース後の率直な気持ちを訊いた。

maeda_01

フラットな感覚を胸に

音楽表現のみならず、アートワークや映像でも注目を集めるロックバンド『androp』のベーシスト、前田恭介。地元でもある神奈川で開催された『湘南国際マラソン2016』で、初のフルマラソンを完走した。

大会前、「自分なりの準備はした」と語っていた前田。「レース当日にいきなり走れる人にはなっていないと思うので、なるべく練習通り走りたいと思っています」と、冷静に、でも前向きな言葉が彼らしい。

maeda_02

練習では、「これがフルマラソンだったら」と考えながら走っていたという。本番を想定したメンタルでいることで、当日の不安が少しでも和らげばいいと考えていたそうだ。また、本番の10日前には、これまでで一番長い30kmを走った。ペースはそこまで速くはなかったものの、最後の4kmは足が痛くなり、ほぼ歩いてしまったと振り返る。「でも、無理して走っても仕方がない。本番はこの経験をふまえて、ペースや体に気をつけて挑もうと思っていました」

取り組んだことは、日々走ること。大会当日も、いつものルーティンをこなして臨めたら。走ることが嫌いにならないように、今後の自分によく作用するような結果になればいい。そう話していた前田の、『湘南国際マラソン』とは?

maeda_04

レースを終えて

——レース当日の朝、いつもと同じスタンスで行きたいとおっしゃっていましたが、どんな気持ちで目覚めましたか?

今からフルマラソンを走るんだな、と思っていましたね。

——その気持ちを奮い立たせたり和らげたり盛り上げたりするために、取り組んだことや意識したことはありますか?

炭水化物を身体に入れておこうと思い、おにぎりを食べました。

——スタートラインについたとき、どんな気持ちでしたか?

周りの雰囲気が音楽フェスみたいだったので、楽しみではありました。

maeda_03

——走っている最中に印象に残っているシーンを聞かせてください

ボランティアの方々や沿道の応援方々の応援が全て印象的です。本当に力と勇気をもらいました。

——コミュニティや仲間など、知っている顔と出場したことで感じた気持ちを聞かせてください

途中で『Sawagi』のnicoちゃんに会ったときにホッとしたし、頑張ろうという気持ちが湧いてきました。

——走っている最中に力をくれた存在は?

先ほどと同じく、ボランティアの方々と沿道の応援の方達です。

——ゴールしたときの気持ちを聞かせてください

フラットに「走り切った」と思いました。バンドメンバーや家族やコミュニティの仲間が労いの言葉をくれたのは嬉しかったです。

——またレースに出てみたいと思われますか ?

また走りたいと思っています。とくに横浜の大会は地元ということで、いつもと違う感覚で街を感じることができそうなので。あと、『ニューヨークシティマラソン』にも出てみたい。海外のランナーの雰囲気は感じてみたいです。なんとなく人生でも大きな出来事になるような気がしていて。ニューヨークに行ったばかりなのでまた違う視点で感じたいですね。

maeda_05
前田恭介

緻密なサウンドアプローチと、多角的な音楽表現のみならず、アートワークや映像でも注目を集めるロックバンド「androp」のベーシスト。2016年10月にはこれまでの世界観を大きく変えるアルバムとなる『blue』をリリース。『湘南国際マラソン』が初めてのフルマラソン挑戦となる。

BACK TO INDEX