Menu

PEOPLE / INTERVIEW湘南国際マラソン2016の振り返り-INTERVIEW / 末岡いずみ(女優)末岡いずみ

  • インタビュー
  • TEXT BY Yuka Niimi  PHOTO BY Takashi Imai

12月4日(日)に開催された『湘南国際マラソン2016』。『NBRC』から出場したメンバーの、レース前とレース後の率直な気持ちを訊いた。

不安を期待に変える

sueoka_01

毎日5kmをストイックに走っていた時期もあるが、今は週2回ほどを心地よく走っている女優の末岡いずみ。ランニングコミュニティ『RUM RUN CLUB』に参加したことも背中を押し、2016年の『湘南国際マラソン』ではフルにエントリーした。

レース前は、楽しみな気持ちと不安な気持ちとのせめぎ合いだったという。「練習でハーフを走ったときに脚が痛くて。ここからまた倍の距離あるのか……と不安になりました」。でも、その気持ちを前向きに変えたいと、いろんなところで風景を眺めながら走った。すると次第に、湘南は一体どんな風景が見られるのか、期待が膨らんだ。

sueoka_02

彼女は少々ストイックな気質の持ち主だ。長距離を走るのに腹筋が必要と聞けば、自己流で腹筋もやる。フルマラソンの経験がある友人からエネルギー補給が絶対必要と聞けば、走ってるときに食べやすいエネルギージェルを、すぐに手に入れた。さらに、たくさんの人にフルマラソンを走ると宣言。「応援してくれる人を増やすんだから、絶対に完走せざるを得ないでしょう?」

 

sueoka_04

レースを終えて

——レース当日の朝、どんな気持ちで目覚めましたか?

目が覚めたとき、心地よく伸びをするとともに、第一声が「っしゃー! 走るー!」でした(笑)。わくわくしていましたね。

——その気持ちを奮い立たせたり和らげたり盛り上げたりするために、取り組んだことや意識したことはありますか?

エネルギーを蓄えておこうと思い、お腹いっぱいおにぎりを食べました。

——レース前は楽しみと不安な気持ちの両方があったと伺いましたが、スタートラインについたとき、どんな気持ちでしたか?

これから42.195㎞を走る実感がなかったです。

——走っている最中に印象に残っているシーンを聞かせてください

30㎞すぎたくらいで、ベビーカステラを持って応援してくれてる人がいて。「カステラは(エネルギー源として)良い」って聞いたのを思い出して、頂戴しました。美味しいしエネルギーになるし、ありがとうございました! ただ……口の中の水分を(カステラに)全部持っていかれまして、ちょっぴり後悔しました(笑)。

sueoka_03_

——コミュニティや仲間など、知っている顔と出場したことで感じた気持ちを聞かせてください

仲間がいることで、テンションが上がりました! 「みんな頑張ってる。私も頑張ろう」っていう気持ちになるし、走りながらゴールした後にみんなでわぁ〜ってやってるのを想像するのが楽しくて。「絶対に完走したい!」「早くゴールしたい!」ということばかり考えていました。

——走っている最中に力をくれた存在は?

「もう足が……」っていうぐらいしんどいときに、仲間の「いずみちゃーん! 頑張ってー! もうちょっとー!」の声には本当に助けられました。元気が出ましたね。

——ゴールしたときの気持ちを聞かせてください

達成感! 気持ちよかったです。途中でしんどかったことを忘れました。

——またレースに出てみたいと思われますか ?

出たいです。『RUM RUN CLUB』で地方のシティマラソンとか、駅伝とか。海外も行きたいし、いろんなランイベントにも出たいですね。レースにすごく興味が出てきました。

sueoka_05
末岡いずみ

女優。毎日5kmをストイックに走っていた時期もあるが、今は週2回を心地よく走る。5km以上の距離は未経験ながら、2016年の『湘南国際マラソン』ではフルに挑戦。

BACK TO INDEX