Menu
New Balance M1300 CRAFTSMANSHIP. MADE IN AMERICA. ABOUT

M1300

ABOUT

ニューバランスのランニングシューズのフラッグシップモデルとしてブランドの基礎を築いてきた1000シリーズの初代モデルM1300。衝撃吸収性と安定性を両立させた新しいミッドソールテクノロジー「ENCAP(エンキャプ)」を初めて採用したオンロードランニングシューズとして1985年に誕生し、ランニングシューズとしての機能性の高さとその履き心地の快適さから、ランナーはもちろん、多くの文化人からも注目を集めました。またアメリカで130ドル、日本では39,000円という当時のランニング市場では類を見ない価格もM1300の名を世に知らしめる一因となったのです。プレミアムランニングシューズとして世に送り出されたM1300は1982年発売のM990同様、都会のアスファルトの色を彷彿させるグレーを採用し、グレーがニューバランスブランドを象徴するカラーとして認知されるきっかけのひとつになりました。
ブランドを代表するモデルとして、過去数回に渡って復刻されてきたM1300は当時同様ニューバランス発祥の地ボストンの職人の手によって、オリジナルを忠実に再現して製造されています。高い機能性によって成し得る抜群の履き心地、そして色褪せることのないオーセンティックなデザインによって、オリジナル誕生から長い時を経た現在も尚、多くの人に親しまれるモデルとして存在しています。

「1300」の3の文字がオリジナル同様に特徴的。NBロゴもオリジナル同様の14本バーになっている。Rマークも同様に右下に。

オリジナル同様にステッチが長方形型に縫ってある。

踵部のステッチがオリジナル同様ダブルステッチになっている。ミッドソールはENCAPを採用。2010年と同様のソール。

オリジナル同様、ビブラム社製アウトソール。NBロゴもオリジナルと同じ5本バー。オリジナル同様のソールパターンを採用。

オリジナルに近付けたNマークシェイプ。

オリジナル「B」に近いタン裏の刺繍。段落の付け方までオリジナル「B」同様。

オリジナルのシューボックスを再現。

M1300レディースサイズとキッズK1300が初登場。