Menu
年度別情報の確認ができます。
2016年ニュース
2016.02.05
【NB BASEBALL】ニューバランスは青木宣親選手と日本人初となるグローバル契約を締結
ニューバランスは、今季からシアトルでプレーする青木宣親選手とグローバル契約を結びました。青木選手との契約はニューバランスブランドでは初の日本人グローバル契約となります。海外のプロ野球選手からはすでに高い評価をいただいているニューバランスのベースボールシューズやアパレルを青木選手にも着用いただき、青木選手のパフォーマンスを最大化するためのサポートを続けてまいります。
2016.02.05
MADE IN UK FOOTBALL PACK
株式会社ニューバランス ジャパン(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役社長 冨田 智夫)は、FOOT BALL(サッカー)からインスパイアされたコレクション「MADE IN UK FOOTBALL PACK」を発売いたします。
昨シーズン、フットボール(サッカー)への本格ローンチを果たし、リバプールFCなど、すでにいくつかのビッグクラブチームをスポンサードするニューバランス。この度、フットボールの聖地ともいえる英国より、“EPICTR”、“1500”、“577”の3モデルで構成された「MADE IN UK FOOTBALL PACK」が誕生しました。初めて登場するモデル“EPICTR”は、1990年代にUKで発売されたNB EPIC FOOTBALL BOOTのオリジナルアッパーデザインを採用し、最新のプレミアムカップソールを搭載する「MADE IN UK FOOTBALL PACK」の代表モデルです。“1500”はニューバランスを代表するランニングシューズのシリーズ「1000シリーズ」から、“577”はもとはトレイルランニング用に開発された安定感重視のランニングシューズ。それらをラグジュアリー感溢れるブラックレザーをベースとし、クールなモノトーンで表現しました。
2016.02.04
ニューバランスはZOZOTOWNに出店いたします オープン記念に限定アパレルを発売
株式会社ニューバランス ジャパン(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役社長 冨田 智夫)は、2016年2月4日(木)よりZOZOTOWNに出店をいたします。最新のニューバランスアパレルとシューズを取り揃えるニューバランス公式ショップです。このたび出店を記念して限定モデル「NBリバイバルジャケット」を発売いたします。

New balance http://zozo.jp/shop/newbalance/
2016.02.01
ニューバランスの110周年を記念して 誕生した「ML2016」発売
株式会社ニューバランス ジャパン(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役社長 冨田 智夫)は、ブランド生誕110周年を記念して誕生したモデル「ML2016」を2月上旬に発売いたします。

脈々と続くニューバランスのモデルの系譜に新たな歴史を刻む「ML2016」は、テクノロジーとクラフトマンシップが共存する「TOKYO」がデザインコンセプトです。ニューバランスの中でも新しいコンセプトのプロダクトを開発するグローバルのチームである「TOKYO DESIGN STUDIO」がデザインを手がけ、ニューバランスの中で最高峰のMade in ASIAのプロダクトが誕生しました。無駄のない洗練されたルックスに相反して、ブランドの誇るテクノロジーを存分に搭載しているのが特徴です。「ML2016」のベースモデルに選ばれたのは1994年に誕生したM1600。M1600はニューバランスの新しい衝撃吸収、反発弾性素材として開発されたABZORB(アブゾーブ)を1000シリーズで初めて搭載したモデルです。更には、履いた時に感じられるフィット感の良さを向上させるために、内側の履き口回り及びタン裏にクッションパッドを縫製することにより、抜群の履き心地を提供してくれます。
2016.01.25
ニューバランス サプライヤー契約クラブ 「サガン鳥栖」の2016年シーズンユニフォーム発表
株式会社ニューバランス ジャパン(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役社長 冨田 智夫)は、サプライヤー契約クラブである「サガン鳥栖」の2016年シーズンの新ユニフォームを発表致します。

■サガン鳥栖 2016ユニフォーム コンセプト

2016シーズン、新監督と共に気持ち新たに更なる進化を目指すサガン鳥栖のホームユニフォームは、サガンブルーとサガンピンクを採用しシンプルかつクラブの伝統を重んじたデザインで生まれ変わりました。
特徴的なデザインの襟元にはサガンピンクとホワイトの柄をあしらい、襟前のボタンはプレー中にボールが当たった時のことも考慮し柔らかい素材を使用しております。
背中部分にはメッシュ素材を搭載し通気性を向上させ、袖口と後方ウェスト部分にはグラデーションボーダー柄を施しております。
2016.01.23
レーシーなライド感と軽量性、安定性の 新シリーズ「VAZEE PRISM」登場
株式会社ニューバランス ジャパン(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役社長 冨田 智夫)は、ニューバランスのランニングシューズのテクノロジープラットフォームのひとつ「VAZEE(バジー)」の最新作「VAZEE PRISM(バジープリズム)」を2016年1月発表いたしました。
VAZEE PRISMは、サブ4ランナーのスピードある走りを支えるレーシーなライド感と軽量性に加え、接地から蹴り出しまでの足の動きを安定してサポートするVAZEEの新シリーズです。

2016.01.18
先進テクノロジーVAZEEと融合した新たな提案 ハイブリッドモデルMVL530が登場
株式会社ニューバランス ジャパン(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役社長 冨田 智夫)は、90年代に登場した新世代ランニングシューズ「530」に現代の先進のテクノロジー・プラットフォーム「VAZEE(バジー)」を融合したハイブリッドモデル「MVL530」を発売します。

MVL530は1993年、ハイテクスニーカーブームの時代に生まれたニューバランスのランニングシューズ「530」をがオリジナル。ホワイト/ブルーは、当時のオリジナルカラーをそのまま再現したレトロなカラーリングです。そのデザインに2015年に新たに誕生したニューバランスのパフォーマンステクノロジープラットフォーム「VAZEE」を組み合わせました。「VAZEE」はフランス語で「Go for it!=走り抜けろ」という意味で、「もっと速く走りたい」「もっとスピードを感じたい」というランナーの願いを後押しする「リスポンシビリティ(反発弾性)」にフォーカスしたテクノロジーです。クラシカルなデザインと最新のテクノロジーが融合しファッション性とパフォーマンスを両立させたハイブリッドモデルの登場です。
2016.01.18
ニューバランス サプライヤー契約クラブ 「モンテディオ山形」の2016年シーズンユニフォーム発表
株式会社ニューバランス ジャパン(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役社長 冨田 智夫)は、サプライヤー契約クラブである「モンテディオ山形」の2016年シーズンの新ユニフォームを発表致します。

■モンテディオ山形 2016ユニフォーム コンセプト
ホームユニフォームは2015年シーズンより引き続き、清らかなブルーの単色を採用しクラブの象徴である「山」をイメージしたデザイン。数々の困難を乗り越えてきた勢いや、北の大地から進撃し日本中に波紋を呼ぶ山の神たちの姿を大胆に表現しています。
アウェイユニフォームは昨年のレッドから一新しホワイトを採用。昨シーズンにはなかった襟が付き、そしてウェスト部分と袖口にはブルーのグラデーションボーダー柄を施しておりシンプルながら引き締まったデザインとなっております。メッシュ素材を肩部分から背中にかけて採用することで衣類内の熱気をスムーズに排出しパフォーマンスの向上をサポートします。

ニューバランス フットボールは、新体制で気持ち新たにJ 2 Leagueで闘うモンテディオ山形を引き続きサポートしてまいります。
2016.01.13
Grenson x New Balance 576GRB
株式会社ニューバランス ジャパン(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役社長 冨田 智夫)は、老舗英国革靴の名門Grensonとのコラボレーションモデル 「Gresnson x New Balance 576GRB」 を1月23日(土)に発売いたします。

UKに位置するニューバランスのFlimby工場とGrensonのNorthampton工場、両工場での製造工程を経て、2つのクラフトマンシップがタッグを組むことにより誕生したのがmade in UK 「Gresnson x New Balance 576GRB」です。
2016.01.07
ニューバランスはアスリートのパフォーマンス向上のための デジタル部門を新設し、2016年にスマートウォッチを発表します。
世界的なアスレチックブランドであるニューバランスはラスベガスで開催中のCES 2016 においてアスレチックパフォーマンス向上を望む消費者とテクノロジーを通じてつながるための新たな部門を創設したことを発表しました。それは「ニューバランスデジタルスポーツ」です。「ニューバランスデジタルスポーツ」は、デジタル体験とウエアラブルテクノロジーを通してアスリートの生活を理解し、やる気を起こさせ、パフォーマンスを向上させることを目的としています。まずは、初のコンシューマー向けのプロダクトとして、2016年のホリデイシーズンにスマートウォッチを発売予定です。
Acrobat Reader *PDFファイルを読むためにはAcrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerは、Adobe社のウェブサイトからダウンロードいただけます。