Menu

Kids&Infant Collection

子どもの足のヒミツ

大切に健康に育てたい、子どもの足。まずは、大人との違いを知るところから。

子どもの足のヒミツとは・・・

幼児の足の骨格は、下の写真のようにすき間があり、ほとんどまだ軟骨の状態です。身体の成長とともに骨へと変わっていき、成人の足として完成するのは18歳頃。

身体を支えるかかと部分も骨になっていない状態なので、歩く時に不安定になり、大人のようにかかとから着地することがとてもむずかしいのです。ですから、かかとのまわりを靴でしっかりとサポートすることが大切です。

2歳3カ月(女の子)
2歳3カ月
(女の子)
6歳1カ月(男の子)
6歳1カ月
(男の子)
35歳(男性)
35歳
(男性)
赤ちゃんの足は偏平足

ほとんどの大人の足には土踏まず(アーチ)があります。この部分は弓状の形をした骨からできており、身体を支えるのはもちろんのこと、歩く・走る・跳ねるといった運動の弾みをつけたり衝撃を緩和したりする、とても大切な骨です。

ところが生まれたばかりの赤ちゃんの足には、この大切な土踏まずがほとんどありません。この頃の足の裏は厚い脂肪に被われており、成長とともに脂肪が減って、軟骨から骨へと変わって土踏まずが形成されていきます。

このアーチ形状が活発に発達するのが3~4歳、ほぼ大人のような土踏まずになってくるのが6~7歳。ですからこの時期の靴えらびが、正しい土踏まずの形成にとって、たいへん重要なのです。

[子ども]
[子ども]
[成人]
[成人]

子どもの成長とシューズ選びガイド