Flash Player 9以上、およびJavaScriptが必要となります。最新のFlash Playerをダウンロードしてインストール後、JavaScriptを有効にしてご利用ください。

Get Adobe Flash Player

ボストンで生まれてからずっとフィット性を追求してきた。ニューバランスの歩み。
1906年、ボストンでアーチサポートインソールや偏平足などを治す矯正靴の製造メーカーとして、ニューバランス社は誕生しました。社名の由来は、履いた人に“新しい(new)、バランス(balance)”感覚をもたらすことによります。

足の解剖学的な知識、整形外科や運動生理学への深い理解があってこそ可能となる矯正靴の製造。
このノウハウをもとに、60年代にはカスタムメイドのランニングシューズの製造を開始します。

そして1972年。6名の従業員と日産36足の生産規模であったニューバランス社を、一人の青年が買い取ります。青年の名は、ジェームス・S・デービス。現New Balance Athletic Shoe, Incorporated取締役会長です。理想のランニングシューズを実現するために、自ら走ることで開発に従事した青年は、独創的なシューズコンセプト「インステップレーシング」を確立。

70年代の後半に、それを具現化したシューズを発表するや、ランナーから絶大な支持を獲得します。以降、伝統を継承しながらも、最新のテクノロジーを集結し、よりよいフィット性を追求するシューズづくりを行っているニューバランス。その機能性を優先したシューズづくりの姿勢は、この先も決して変わることはありません。
靴作りへのこだわり。
クラフトマンシップムービー
ニューバランスは靴職人のこだわりと誇りを失いません。
ニューバランスの靴はイギリス、アメリカの靴職人のクラフトマンシップとチーム力に支えられています。今もイギリス、アメリカの工場では、靴職人がシューズを手縫いで製造しています。ニューバランスは現在アメリカでスポーツシューズを製造する唯一の会社となりました。
このムービーは、ニューバランスの靴の製造工程を紹介しています。