TOTAL FIT™ new balance
よりよいフィットを、スポーツを愛するすべての人に
1906年に誕生してから、常によりよいフィット性を追求しているニューバランス。独自のフィッティングシステム「ウイズサイジング」をはじめ、シューズ自体の設計や構造からフィット性を最優先したシューズづくりを行っています。それはどんなに優れた機能を備えていても、フィットしなければ意味がないと考えるからです。ニューバランスは、スポーツを愛するすべての人に最高の履き心地を提供します。
足にジャストフィットしてこそシューズは本当の性能を発揮します。
個人の足は千差万別で、同じ足長の足を比較したとしても、肉付きの薄く細い足もあれば、甲高で太い足もあります。このような異なる形状の足に、同じ足長の同一のシューズをあわせてみても、ゆるかったり、きつかったりということが起こってしまいます。 フィット感を追求するニューバランスでは、異なる足の形状にジャストフィットするシューズを履いていただくために、足長だけでなく、足囲(ウイズ)でも シューズを選ぶことができる、独自の「ウイズサイジングシステム」を展開しています。1つのシューズに対して複数の足囲のバリエーションをご用意すること で、足にきちんとフィットするシューズをお選びいただくことができるウイズサイジングシステムこそは、ひとりひとりの足にこの上ないフィット感をもたら し、運動能力を最大限に引き出す最良のフィットシステムなのです。
ウイズサイジングシステムとは?
WIDTH SIZING 最良のフィット性を実現できるのは、足囲でも選べるということ
甲の高低、幅の広狭など、一人ひとり異なる足の形体に対して、よりよいフィット性を実現するために。足長だけでなく足囲(ウイズ)でも選べるのが「ウイズサイジングシステム」です。0.5cm刻みの足長に対して、ウイズは、やや細いDから超ワイドなGまでの4タイプで展開。シューズに応じて2~3種類ご用意したウイズから、足長とともに最良のフィット性をセレクトできる画期的なフィッティングシステムです。
FIT-FORM SYSTEM 人間工学に基づいた2種類のラスト
ニューバランスのライニングシューズは、人間工学に基づいた2種類のラスト、「SL-1」と「SL-2」を使い分けています。「SL-1」は、Ball部、Toe-Box部、Cone部がスタンダードなサイズ。甲部と足首にノーマルなフィット感を提供します。「SL-2」は、「SL-1」よりも広めの設定。爪先、踏付部、足首に、よりゆったりとしたフィット感をもたらします。